メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに愛情をもらおうとするってどういうこと?

前回、中身が伴わないという記事に書いた、

愛情を子どもからもらおうとすること

というのはどういうことなのか?書きたいと思います。



まず愛情溢れる人が子どもに愛情を注ぐことと、

そうでない人が子どもに愛情を注ぐ"真似"をする、

ということの違いは、
その人(親)が自己肯定できているかどうか、

ということがひとつあると思います。



というのも、子どもから愛情をもらおうとしなくてすむ愛情に溢れた人と、

自己肯定ができている人、というのはイコールだと思うからです。

自己を肯定する、ということは、自分に愛情を注ぐことなのです。

自分に愛情を注げる人は、他者にも注げるので、子どもにもそうできます。

そのような理由から、

"どのような行為が子どもに愛情をもらうことなのか?"

ということよりも、

"自己を肯定すること、ありのままの自分でよいと本当に思えるまでは、

子どもに愛情をもらおうとすることがあるかもしれない"

というふうに考えて、

"自分に愛情を注ぐ、または注げる人からもらうことから始める"

ことなのじゃないか、と私は考えます。



なぜなら、そもそも

愛情は感じるもの・感覚だからです。

例えば、食べたことのないものの味を、

いくら"こんな味"と説明されても、

やっぱり実際に食べてみないとわかりませんよね。

これも味覚という"感覚"だからです。



それともうひとつ、機能不全家族で育ち、

思考がこのように習慣化されたり認知の歪み

が生じることにより、愛情を愛情と感じられなくなる

ということが起こっているかもしれないので、

愛情をもらう、ということと平衡して"認知の歪みを修正する"

という作業も必要だと思います。



例えばこんなことです。

"心の読み過ぎ"や"レッテル貼り"が働いて、

他者の優しさを「何か裏があるんじゃないか」などと疑ったり、

"マイナス化思考"や"すべき思考"が働いて、

他者が親切心から手伝ってくれたり、助けてくれたりしても、

「あの人は私を能力がないと思っているから助けた」とか、

「こんなことで助けてもらうなんて、私はダメだ」などと思ったり。



傷つき体験から他者との関わりを恐れて表面的な関わりに終止し、

優しさや愛情といった一歩踏み込んだ関わりを初めから拒否する、

というようなこともあるでしょう。

このようなせっかくの愛情(優しさ)を台無しにし、

愛情を満たすチャンスを自ら棒に振ってしまう、

というようなことが起こるかと思えば、

うわべだけの優しさを愛情と思い込み、

満たされない思いを更に募らせるようなこともあるようです。

これも専門家の元で、あらぬ方向へ向かわないよう、

チェックしてもらいつつの定期的・長期的な歪みの修正

が必要だと私は思います。



とにかく私は、"頭で悩むより実行することはいっぱいある"と思うんです。



そして、何より。

自身の親との関係の傷つき体験、

あの日あの時、イヤだったこと、

こうして欲しかったこと、こうしたかったこと、

そのようなことを聴いてもらう、

共感してもらう、慰めの作業の過程の中で、

「あぁ、あの時私は、母に愛情を与えていたのだ。」

「あの時母は、私に愛情を求めていたのだ。」

と自身の経験からその感覚を掴むことにより、

子どもに愛情をもらおうとするとはこのようなことだったのだ

ということを理屈でなく"体得する"のだと思います。



ちなみに、愛情溢れる、自己肯定できる人には、

"愛情を注ぐ真似"と、"自身の愛情を注ぐという行為"とは

"感覚として"明らかに異質と感じるのだと思います。


スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。