メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主体性の問題と禁止令

育児相談やカウンセリングを受けていたとしても、

当事者自身の

”変わりたい”

”取り戻したい”


という心の底からの叫びとでもいうような

強い想い・気持ちがないと、

”カウンセリングに通っている、通院している”

というだけのことになってしまい、

本来の目的である

”成長・育ち直し・取り戻し”

という意味をなさなくなってしまうんですね。

それは、内側から変化する、というのでなく、

外側に”カウンセリングに通う私”を

アクセサリーのように身につける、

とでもいうような奇妙な状態だと思います。



”ありのまま”にバツをつけ、

自分のままでは足りないと思っていて、

例えば母とか妻などの”役割の鎧や仮面”

を身につけて虚飾してきた中に、

同じように”カウンセリング”が加わった、

というような状態だと思います。



そこに、本来の目的である

”治癒”とか”成長”が存在しないんです。



これは主体性の問題だと思います。

このままではいけない、なんとかしたい、変わりたい、

と”私が”思う
のではなく、

このままでは何か言われるから、

カウンセリングに行かないと、と言われたから、

見捨てられるかもしれないから、

嫌われるかもしれないから、

母親としてどうか、と思われるだろうから、

カウンセリングに行けばなんとかしてくれるだろうから

etc.etc...

すべて主体が”他者”であるということなのだと思います。



そして

そのような感情を無意識はしっかりと読み取り、

今の自分の状態、現実を、

その気持ちに添わないもの、

見たくない現実、向き合いたくない自分、

というものを”本当に見えなくする”

というようなこともあるんですね。



以前書いた「ジョハリの窓」の、

盲点の窓・・・自分は気づいていないが他者は知っている自己

ということが起こるんですね。

自宅で火事が起こっているのに、

在宅中の本人に火が見えていない、

というような。

子どもには火が見えているので、

親にけんめいにSOS(問題行動など)するのですが、

当の親は、

「この子はなぜこんなに問題行動ばかりするのか」

と、子ども自身に原因があり、

”この子がおかしい・この子がわるい”

というような解釈をし、

自分の問題として受け止めることはないようです。



家庭内がそれほど危険な場所になっているにも関わらず、

それでも親は、本当に気づいていない

ということが起こってしまうんですね。



”子どもの気持ち”というものを無視して、

親の言う通り、思い通りに育てる、

多くの家庭で今も見られる

命令や指示などの禁止令ばかりで子どもに関わっていると、

このような主体性のない、

そしてそのこと気づくことすら困難な、

生き辛さを抱えてしまうかもしれないので、

本当に、子どもとの関わり方には気をつけないと、

真剣に考えていかないと、と思います。



専門家の元でカウンセリングを受ければ、

問題の明確化や方向の修正など

あらゆる場面で助けられることはあっても、

向き合うのは自分

実践するのも自分


であるということなんですよね。


スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。