メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに教えていること。

子どもに教えていることの中で


「怖い人」「怒る人」は、危険な人と認識させて、

 逃げるようにする。近寄らないようにする。



という大事なことがあります。


怒りをぶつけてくる人は、

自分がわるいのではなくて、

「何かイヤなことあったんちがうか~?」と話すようにしています。


学校の先生にも「怖い人」「怒る人」がたくさんいるように思います。

子どもは学校で、

褒められてくるより、注意されたり、

怒られてくるか、誰かが怒られているのを見たり聞いたりしてくるので

家に帰ってきてからは、

イヤな思いをしてきた分を取り戻してあげた方がいいみたいです。



自分が傷つけられたときは「怒る」と思うのですが、

授業中に子どもたちが話を聞いてくれない程度の問題は、

怒る必要はないように私は思います。

きっと、先生が自分の話を聞いてくれなくて困っているのでしょうね。


困っているのなら、

「困るから聞いて欲しい」とお願いするくらいの方が、

子どもは話を聞くかもしれません。


怒ってくる人、怖い人には、近づかないというのは、

とても大切なことなので、

この認識や感覚が備わっていたら、

傷つけられることは少なくなりますよね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。