メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の子どもは‘幻の子ども’

教育ジャーナリストの青木 悦さんの講演を聴かせてもらいました。

こちらもぜひ読んで下さい。
     ↓↓↓
青木 悦さんのことを書いている記事(1)
(2)
(3)


今日お聞きした講演のタイトルは

「本音が言えない子どもたち ~子どもの心に寄り添って~』

だったのですが、

私もいつも思っていることと同じだったので共感できる心に残るお話でした。


印象に残ったのは、

■『幻の子ども像』
 
  →親がこんな子どもになって欲しいと思う理想の子ども像のこと
   なのですが、そんな子どもはいないということ。だから‘幻’なのです。


■「素敵な家族だと思われたい」と思う若い人たちが多い。

  →親に迷惑をかけない子どもになるために
   子どもが本音を言えずに我慢して‘大人の都合のイイ子’を演じることで
   「素敵な家族だと思われたい」ということになるみたいです。

   嫌なことを嫌だと言えない。命令に従わないと親の機嫌が悪くなる。
   「そんなの素敵な家族じゃない」と思い込まされている子どもが
   多いということだと思いました。

   
■子どもたちは「友達」「仲良し」という言葉に緊張感を持っている。
 「いじめ」に繋がります。

  青木さんが実際に取材した子どもたちから「仲間ハズシ」の本音を
  話してもらったことがあったそうです。
  それが17、8年前の子どもたちが思っていたことなので、
  この頃の子どもたちは今では30代。子どもを持つ親となっていたら
  その子どもたちにも受け継がれいるかもしれない。‥

   小さい頃から「友達とは仲良くしなさい」と言い聞かされ育っている
   子どもが緊張感を持つのだと思いました。

   このことは学校の先生からもよく言われるのですが、
   ‘お友達みんなと仲良し’でおれるわけがないのに、
   そんな不可能なことを要求されて困っている子どもたちがいる
   ということです。なので、「友達」「仲良し」という言葉を聞くだけでも
   怖いのだと思います。

  このお話は私が最近書いた記事と重なるところがあります。
   『調査結果に愕然!』



■「三歳児神話」を信じる人がいなくなると思ってたけど
 まだ信じている人が多い。

→「三歳までは‘母なるもの’の手で
  落ち着いた環境で育つのが望ましい」という意味であって、
  ‘母なるもの’なので、父でも祖父母でもいい。
  保育士さんでも施設の職員さんでもいい。
  愛情を注いでくれる人ということなので
  ‘母の手’で‘産みの母の手’と思い込んでいる人が多い。
  とおっしゃっていました。

  そうなんですよね。思い込みって怖~いです。
  ひとりで子どもは育てられないですよね。
  子どもはいろんな人からの愛情をもらって育っていきます。


■何万件もの子どもたちの悩み等を聞いてきたけど、
 4件だけお母さんに本音を言えた子どもが助かっている。

→この4件のお母さん自身が本音の言えるお母さんだったようです。


■正直に生きる家族

→上記のお話のように‘本音の言える家族’ということです。
「辛いことは辛い」「嫌なことは嫌だ」と言える家族であると
子どもは安心感を持って成長していけるということです。


■暴力を受けて育つと・・
  どんどん自分が嫌いになっていく。
  自分はいらない子だと思うようになる。
  他人の命の大切さなんてわからない。

→このお話は青木先生ご自身が経験されて強く感じられたことで
 この大事なことは伝えていきたいと。。。



このようなお話をお話して下さったのですが、

笑いあり涙ありの講演会で

決してお母さんが責められることはなく

とても説得力がある心に染みるお話でした。


講演の最後には何人ものすすり泣く音が聞こえてきました。

お母さんたちもみんな頑張ってこられてるんですよね。

頭ではわかっていても実際はむずかしくてできないこともあることを

受け止めてもらえた気持ちが涙となったり、

自分が子どもの頃に本音を言えずにがんばってこられた人は泣くと思います。


「お母さんだって泣いてもいいんだよ」


PTAが企画する講演会などで青木先生のお話を聴かせてもらうといいと思いました。


by たんぽぽ

スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。