メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に多い『条件付き愛情』

不適切な親の関わりの中で多くみられるのが、
条件付きの愛情(ストローク)かと思います。

■条件付きの愛情の例

(1)「~~できないならうちの子じゃない」

(2)「~~したらおやつをあげる」

(3)「言いつけを守ったから抱っこしてあげる」

(4)「おとなしくしてる良い子はママ大好き」

(5)「やればできるんだから、あきらめないで努力しなさい」
(5)を言い換えると、~~ができないなら認めません。
努力しないなら認めません。ということになります。

結果、ありのままの私ではダメである、
何かができなければ人として認められない、という不全感や、
何かをしないと愛してもらえない、という見捨てられ不安、
自己否定に繋がるので、不適切な関わりになります。


また、同じように多いのが脅し(おどし)です。

■脅しの例

(1)「~~しないならおやつ抜きだよ」

(2)「~~しないとパパに言いつけるよ」

(3)「~~しない子は悪い人に連れて行かれるよ」

(4)「いい子にしないと、ママもう行っちゃうよ」

(5)「おやつを食べるならごはん食べさせません」

これは、子どもを親の都合でコントロールする言い方です。
”~~したら、~~されると言われたら、本当は~~をしたくても
~~をされるのが怖い・イヤなので、子どもには選択肢がないですよね。
仕方なく自分の欲求は抑えたまま、親の欲求に応えることになります。
もちろん、その分、ストレスが溜まっていきます。

そして、そのようにしばしば脅されて大人になると、
”自分のやりたいことをする(~~したら)と、
何かよくないことが起きる(~~される)”
という思考回路が刷り込まれてしまい、
新たにチャレンジしたり、自分から動こうとすると
”怒られるんじゃないか””失敗するんじゃないか”
という回路が働いてせっかくの可能性を活かせなくなる、
というようなことも起こります。

子どもの可能性を活かすチャンスを潰してしまうような、
不適切な言動になります。

幼児期の子どもはまだ、親の言うことを聞いてくれますが、
思春期頃になると、子どももだんだん気づき始めます。

「この人には、何を言ってもムダ。」
「私のことなんて、どうでもいいんだ。」

親に欲求を満たしてもらうことをあきらめてしまうようになります。
しかし否定的ストロークを受けた感情は残っているので、
それが鬱積し、歪む事もあります。

そのようにハッキリと気づいていない子どもも、
問題行動を起こすことでSOSを発し始めることがあります。

親に気づかれると怒られるので、わからないように
隠れてすることもあります。(万引きなどの非行やいじめなど)

今までに、そのような不適切な言動をとっていたとしても、
手遅れということはありません。
いつからでも、取戻すことができます。
やり直すことに、遅いということはないのです。

親が気づいて、少しでも変わり出すと、
子どもも劇的に変わり出します。

すべての人が、そのような回復可能な、
素晴らしい生きる力を生まれ持っているのです。


mixi 子育てQ&Aコミュニティトピックより

スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。