メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張らなくてもいいんだよ

巷にはまだまだ”頑張れ”のメッセージが流れて続けています。

子どもを見守り、応援するには、
”頑張れ”ではなくこのように言うのが効果的です。

認める→『本当によく頑張っているね

褒める→『スゴいね!よく頑張ったね

どちらも承認欲求が満たされて心の栄養になります。
栄養を得ることで、また意欲(やる気)が湧いてきます。
ほんとはずっと好きなことをして遊んでいたいのが子どもです。

でも毎日の生活の中で、歯磨きや食事やお風呂、
すべての生活習慣を”頑張っています”。

幼稚園や学校などに行っていたらもっと”頑張っています”。
ルールを守ったり、友達や先生に合せることもあります。

その上に『もっと頑張りなさい』と言われたら
休むヒマがありません。

子どもは自身は頑張っているのに、
自分の頑張り(ありのまま)を認めてもらえず、
頑張らないと認めてもらえない(ありのままではダメ)
という不全感を溜めていくことになってしまいます。

また、そのような生き方が身に付いてしまうと、
「適切に休む」という習慣が身に付かず、
大切なことなのに、休むこと=怠けること、
という罪悪感を持つようになり、
休めないままいつか体力も気力も使い果たして
無気力になったりうつになったりすることも。

目標や夢をあきらめずに持続させるには、
”疲れたら休む”ということが必要不可欠なんです。

”持続させる”=”頑張り続ける”ことではありません。

”頑張れ”よりもこう言ってあげて欲しいです。

『頑張り過ぎないようにしてね。』
『疲れたら休んでもいいんだよ。』

自分がやりたくて、好きで、楽しくてやっているなら、
こんなふうに、こちらが見ていて身体が心配になるほど
自分から頑張るものなんですよね。

それで、『よく頑張ってるね、スゴいね』が
より効いてくるんです。

自分の言葉が『頑張らないと、認めてもらえない』
と子どもが感じるような、条件つきの愛情
なっていないか見直してみることは大切です。

親自身が”頑張り過ぎ”ていると、
子どもにも同じことを求めてしまう、
ということもあります。
”良かれと思って”やっていることが
子どもの負担になっていた、ということの
ないようにしたいものですよね。

まずは一日の終わりに
自分自身に言うことから始めるのもいいですね。

『私、本当によく頑張ってるよね
『今日も一日、よく頑張ったね


自分で自分を認めて、褒めてあげましょう
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。