メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親が自身の欲求に気づこう

親が自分の欲求に気づき、どのような欲求も自ら認めることで、
子どもの欲求の存在も認められるようになります。

親自身が、自分の欲求の存在を誰かにしっかりと受け止めてもらい、
自身でその欲求の存在を認める必要があるのです。

欲求を持っているのは自分自身であり、それを否定することは
自分の存在を否定してしまうことになるからです。

自分の欲求は何だろう?と考える時、わかりやすいのが
A.H.マズローの欲求段階説です。

■マズローの欲求段階説とは?
・人間の欲求は5段階のピラミッドになっている。
・1から5へと順に満たしていくことで成長する


1)生理的欲求

人間が生きていくために必要な生理的欲求です。
水や空気、休養や睡眠、生命の維持などです。

2)安心・安全の欲求

誰にも脅かされず、安心して安全に暮らしたいという欲求です。
身の危険を守り、生理的欲求を安定させたいと望みます。

3)愛情・帰属への欲求

仲間を求めたり、集団への帰属を求める欲求です。
誰かにかまって欲しい、というのもこれに当たります。
家族や仲間から信頼や愛情を得たいと思う欲求です。

4)承認欲求

他者に自分の存在を認めてもらいたいと言う欲求です。
独立した個人として注目されたい、理解されたいと願う欲求です。
満たすことで自尊心(わたしのままでいい)を持つことができます。

5)自己実現欲求

自分の能力や可能性を最大限に発揮し、
創造的な活動をして自己の成長を願う欲求です。
自分らしさや、心の豊かさ、自分自身を充実させることなどを求めます。
maslow3mini.jpg

1)の段階が満たされて初めて2)の欲求が湧く、
というふうに三角形の土台部分から、一つずつ順番に
すすんでいきます。

ですから、家庭に安心感や安全な環境がない場合は、
その場所から次の段階へ進めなくなってしまうのですね。

また、3)の帰属欲求は、クラブ活動やサークル活動、
町内会やPTAなど、さまざまな社会でのコミュニケーション
手段を通じて、一人(一人ぼっち)じゃないんだ、
と思えるような居場所を持つようなことだそうです。

子どもが社会に出るまでに、4)の段階まで満たすことが
できれば、自分の可能性を最大限に伸ばし、充実した
社会生活を送れると思うので、ぜひそのように
成長していって欲しいものですよね。

自分が欲求を抑えて(否定して)生活していると、
他者の欲求も認められない、ということが起こります。
そして、欲求を抑え込むと怒りに変わることもあるそうです。

親がまず自分の欲求に気づき、認めることが、
子どもの健やかな成長にも繋がるのですね。
自分はいま、どの段階にいるのかな?ということがわかると、
今の自分に必要なことも見えてくるのでは、と思います。



スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。