メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの癇癪の対処法

子育てで困ることのひとつに、

‘子どもがかんしゃくを起こす’

ということがあります。


1歳を過ぎた頃からかな~、

自己主張が強くなってきて

かんしゃくを起こすんですよね。

こういう子どもさんは

‘欲求の強い’子どもです。


自分の欲求を満たすために、

からだ全体を使って表現しています。

将来、大物になる素質を持っていますよね^^


でも、かんしゃくを起こされると

親は大変困るんですよね~~~。


お店でもどこでも、おかまいなしに

ひっくり返って大泣きしたり・・・


この時の【対処の方法】を教えてもらいました。


まず、子どもの気持ちは受け止めてあげます。

「怒っているんだね」

「イヤなんだね」とか。。。


でも、できないことは、できない時があります。

おもちゃを買ってあげることや、

遊んでいたけど、もう帰らないといけないとか・・。


こういうときは、心に決めて、

欲求を満たす行動を起こさないことだそうです。



かんしゃくは無視して、

子どもの脳に

‘あきらめる回路’を作るんだそうです。

親も根気がいりますが、

子どものため、そして、

親のストレス減少のためでもあります。


これをやっていると、回路ができるようです。

抑圧することなく、

子ども自身であきらめる作業をしてくれるんです。


かんしゃくを起こせば、

言うことを聞いてもらえるというパターンを

作らないようにするといいんですね。


言葉を話せるぐらいの子どもだったら、

すっかり落ち着いた頃に、

どんな気持ちだったのかを考え、

具体的な気持ちを表す言葉を教えてあげて、

気持ちを受け止めてあげるんだそうです。


小学生でも、まだ言葉では

わからない感情になることがあるので、

感情表現する言葉を教えてあげるってことですね。


そして、成長するにつれて、

かんしゃくを起こすかわりに、

『言葉で表現できるようになる』

ということです^^


     byたんぽぽ


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。