メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「否定的なしつけ」を「肯定的なしつけ」に。

世間で言う『しつけ』は ‘否定的なしつけ’ です。



  「~してはいけません!」

     「ダメ!」


      ↑↑↑
 こんな言葉のくり返しですよね。



こういう言葉を使うときって、

親はもう既に怒っているときが多いので

子どもは聞きたくないし、怖いんですよね。


怖いから言うことを聞いたり、

嫌われたくないから、

見捨てられたくないから言うことを聞きます。



 これは「脅し」と同じようなものです。
そして、「子どものためだ」と言います。

そう言われて しつけられてくると 

同じように子どもをしつけます。


やりたいことも自由にできなくて

素直な気持ちも聴いてもらえなかったので、

大人になってから 子どもを使って

その欲求を満たそうとします。


本当は「自分のため」「自分を守るため」に

子どもをしつけてしまうようです。



子どもを虐待している大人は

決められたセリフのように「しつけでやった」と言います。

「しつけ」とか「子どものため」って言うのは

都合のいい言葉なのです。



以前にも書きましたが、

「叩くしつけ」の本当のこと。

↑↑↑
(この記事より)

「エンパワメント・センター」の森田ゆり さんの本を読むと

具体的なことが書かれていてわかりやすいです。

しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ

森田 ゆり / 童話館出版



(上記の著書より)
◆体罰はそれをしている大人の感情のはけ口である事が多い。

◆恐怖感を与えることでこどもの言動をコントロールする方法である。
 
◆体罰は即効性があるので、他のしつけの方法が分からなくなる
    (他の方法は時間がかかるので)

◆体罰はしばしばエスカレートする。
  
◆体罰はそれを見ている他の子に心理的ダメージを与える。

◆体罰は時に取り返しのつかない事故を引き起こす。



人として尊重されなかった痛みや悲しみは、

力の弱いものに対して「怒り」が暴発していくのだそうです。




「叩く」以外の他の方法を誰にも教えてもらわずに

私たちは子育てをしていると思います。


子どもが言うことをきかないということは、

子どもには子どもの気持ちがあるからです。



『その気持ちをどのように聞いてあげたらいいのか。』

『その気持ちを聞いてあげることができるようになるにはどうしたらいいのか。』

『どのような話し方で伝えたらいいのか。』


ということがわかれば、

手が出たり、言葉で傷つけることをしなくても

子どもを育てることができます[#IMAGE|S56#]



↑↑↑こういうことをまだまだ知らずに

子どもを育てている方がたくさんいらっしゃるようです。




昔はなかったけど、

今ではここまでハッキリ言ってくれてるタイトルをつけて

専門家の方が本を出して下さっています。
         
そのくらい知る必要があることなのです。

 ↓↓↓

お母さんはしつけをしないで

長谷川 博一 / 草思社



「いい子」に育ててはいけない―くだらない話ができる子ほど輝いている

富田 富士也 / ハート出版




自分の親や、義父母、近所の人、

ママ友は、子育ての専門家ではないけど

いろんなアドバイスをしてくれますが、

「本当はどうしたらいいんだろう?」と思うことがあったら

子育ての知識を持ってる専門家に相談した方がいいです。



「否定的なしつけ」は子どもの心を歪めてしまいますので、

「しつけ」をしたいのなら

『肯定的なしつけ』をするといいです[#IMAGE|S16#]



子どもが物を投げるのなら、

「投げてはダメ!」と怖い声で叱るのではなくて、

「ここに置いてちょうだい(^-^)」と言ってみる方がいいのです。


「~しようね」という肯定的な言葉がけは、

   子どもの心を傷つけません。



すぐにはできないこともあるので練習するといいのですが、

できないこともあります。

そんな時は大人側の心が疲れていることがあるので、

安心できる人に愚痴や話を聴いてもらったり、

自分と向き合うためにカウンセラーさんに

話を聴いてもらうとラクになります[#IMAGE|S58#]



「Peace of mind」のブログのカテゴリーに

知っていますか?育児・家族の本当のこと(mixi子育てQ&Aコミュより)


というのがありますので覗いて頂けたらと思います。




  こんなことが書かれています。
      
       ↓↓↓

子どもへの肯定的な働きかけ


家族の危機『機能不全家族』とは


禁止令 ~子どもに言ってはいけない言葉~


意外に多い『条件付き愛情』


子どもへの適切な言葉がけ~アイメッセージ~


子どもの感情を抑圧する関わり 具体例


話そう。問題を隠さずオープンにしよう。


頑張らなくてもいいんだよ


なぜ、子どもの要求を受け止められないのか


親が自身の欲求に気づこう


ママ友間の"いじめ"の構造


ピカピカメッセージとギザギザメッセージ


子どもの可能性を奪う、親の”過干渉”


”子どものため”という親子関係のズレ


今日書いた記事は バトンにしてもらいたいほど

伝えたい大切なことなので、

教えてあげたい人に教えてあげて下さい。

  お願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。