メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものプライバシーと、他者を尊重することについて

”自分を大切にする”ことを意識してから早や数年、
学び直しつつ人の助けをかりて実際に体感しつつ
意識して意識してそれを継続し積み重ねるうち、
”自分を大切にしていないので、他者も大切にできない”
という人のふるまいには敏感に気づくようになりました。

気づいているつもりでも気づいてなかったことの多い事。

機能不全家庭で育つことは...
安心・安全でない場所で暮らすことになる(危険が普通になる)
ので、大切にされていないことに気づかない、
即ち危険を危険と判断できない、判断が遅れるのです。
例)危険察知能力についての記事


さて、最近よく思うのは、
自分を大切にできない、ということは、
他者との境界線を引けない、ということでもある

ということについて、です。

だいたい、このようなことです。
■他者のものを、自分のもののように扱ってしまう、
■他者のものでも、自分は別にかまわないので、
他者もそうだろうと考え(あるいは深く考えず)
他者の意見を聞かず、了解を得ずに扱う。
■他者の個人的なことを、これくらい大丈夫だろうと、
(あるいは深く考えず)その人の了解を得ずに他の人に話す。

補足すると、
■これらを指摘されると、不機嫌になる。逆ギレすることも。
■そのくらいのことで、と矮小化、あるいは自身を正当化し、
相手の気持ちを斟酌することはない。

こう書いていて、
どれも子育ての関わりで説明がつくなぁと思いました。
どれも、過干渉の(あるいは不適切な関わりの)親が
子どもにしそうなことだなぁと。

このような”ブログ”において、
思春期くらいの子どもの話(プライバシー)を、
”うちの子はこうで、子育てって大変ですよねぇ”
と”微笑ましい話”として書くというような、
”深く考えていないのだろう”記事を散見すると、
その子どもさんの気持ちを思います。

思春期頃になれば、子どももいつまでも
そのように扱われるのはイヤでしょう。
それについて親がどのような価値観を持ち
接しているかによって、子どもへの影響も
天と地ほどに変わってくるだろうなとと思います。

成長のためにも、より繊細なプライバシー
への配慮が必要になってくるでしょう。
まして話題が”子どもの”トラブルや問題だと尚更。
子どもの了解をとっていたとしても、
”いいよ”と”言わされている”可能性もなきにしもあらず。


さて、そうした親の過干渉などによって、
他者との境界線があいまいになり、
それが相手にとってプライバシーの侵害であっても、
それを相手が”大切にされていない”と感じても、
そのような感覚(大切にされる)が育まれていないので、
”まさかそれがプライバシーの侵害とは思わない”
ということも少なくないようです。これは、怖いことです。

感覚って、言葉で説明しても
わかりませんよね、体感しないと。
なのでそのことで、仮にこちらが
「こうして欲しい」と”お願い”しても意図が伝わらず、
責められたように思ったり攻撃的になったりする、
という事も、ありますよね。
(そうした反応は、こちらの記事認知の歪み
にあるようなことかと思います)


大切にされてこなかった人は、
承認されることや受け止めてもらうという、
大切にされること=愛情を求めています。
意識、無意識に関わらず。それと同時に、
求めている自分も、自分がされてこなかったと
同じように、他者を大切にせず、
あるいは道具にしている、という側面も併せ持つ、
ということだと思います。

満たされないうちは、
自分がされてきたことを
人にしてしまうことがあるのですが、
”まず自分”なので
(これはわるいことではなく、当然のこと)、
自分のふるまいにまで
なかなか目がいかないんですよね。

だからこそ、
いつか目を向けられるように、
継続して栄養を、休息をとることが
とても大切です。反対に、搾取する人からは、
離れる事も同じくとても大切なことです。

しかし本当に、子育てって、
のちのちまで影響するんだな~
・・と、改めて思った今日この頃でありました。
スポンサーサイト

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。