メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わがままの反対は・・

『わがまま』って聞くと、

一般的には、なんだか

マイナスのイメージがあると思います。


「自分のままでいい」・・とか

「自分らしく」・・とか

「あるがまま」・・とか、


昔は、あまり聞かなかった言葉ですが、

今はプラスのイメージでよく聞きますよね♪



『わがまま』を漢字で書くと・・

『我がまま』。

   
「自分のまま」ですよね。


「わがままな子に育たたないように」

とマイナスのイメージでよく聞きます。

どういうことなんやろ?と悩んでしまいます。。。


以前、子育ての専門家の方に、

「わがままの反対は何だと思う?」と聞かれて、

「なんだろう?」と言葉が出てきませんでした。


わがままの反対は、

  『役割』で生きることだそうです。


「あ~、なるほど!」と思い、

「私は、わがままに生きている。

役割で生きるなんてイヤや~!」と思いました。


子どもが小さいうちは、

「わがままにならないように」

と常に考えていると思うのですが、

相手がいる場合、相手が困っているのに、

わがままを通すことはいけないですよね。

でも、困らないのなら、

子どもの思うように

やらせてあげる方がいいと思うんです。


親の方は、なるべく困らないように、

知恵を使うことも必要です。

そうすると、子どもは

欲求を満たしてくれたと思うので、

これはラッキーです^^


‘役割で生きる’なんて私はできないし、

今までにもしたことがないです。


子どもの欲求に応えられないときは、

ムリに応えようとせずに、

話し合ったり、困ることを伝えることが大切です。

これが、子どもの心を育てることになります。

子どもとの関わりもとても深まりますよね。


それに、親の方も、

母親としての役割で、

子どもと接するのではなくて、

ひとりの人間として、

「それは、今はできないから困るわ」

と言ってもいいんですよね^^


     byたんぽぽ


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。