メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち込み(失敗)から成長に繋げる方法

”なりたい自分”に向かってがんばっていても、
その時々で、失敗する時もありますよね。
”こうはなりたくない”人がするようなことを
してしまったり・・そんな時です。

でもでも・・
実は、このような時こそ、成長のチャンスなんです。

このチャンスをどのように受け止めるか・・?!
私自身、今まで何度失敗したか・・数えきれません。
しかし振り返ってみると、こうした失敗が、
これまでの生き辛い古い回路を変え、
生きやすくするための新しい回路をつくる
きっかけになってきたことに思い当たります。

落ち込みや、失敗は、まさに天の采配、
次へのステップの入り口、なんですよねヾ(⌒∇⌒)ノ
どういうことかというと・・

■失敗する(思うようにいかない)と、自分を責めてしまいがちです。
例えば『あぁ、やってしまった・・!!』となった時に、
『何をやってるんだろう』
『今までやってきたことは何だったのか』
『なぜ、こうなってしまうのか』
などという、自責や後悔の念が湧く
とします。
この、失敗した事実の後の青字の部分が、古い回路です。

そしてまた、この青字の部分は、インナーペアレンツの声でもあります。
青字はそのまま『何やってるの!』
『今まで何やってきたの?!』
『なぜそんなことするの?』

という不適切な親の関わりに置き換えられます。
古い回路(経験)を頭の中で再現してしまっているのですね。

ですから、この回路がでてきたら、
今、インナーペアレンツが出て来た、と俯瞰で認識し、
距離を置き、声に巻き込まれないようにします。
これは”刷り込まれたものであって、私の声ではない”のですね。
これが新しい回路をつくることです。

これができると、かなりラクです。
せっかく日々がんばっているのに、
思うようにいかなかった、というだけでも疲れます。
その上に自分を責め、怒るのは、もっと疲れますよね。
そのようなダメージがなくなれば心と身体への負担はグッと減ります。

■次に、思うようにいかない、失敗する時というのは、
たいていが疲れている時です。
疲労が溜まると誰でも、普段できていることもできにくくなります。

ですから、青字の部分のような思考がでてきたら、
その声の主張するに任せておかず、
『疲れているというお知らせだな、休もう。』
『失敗してもいいんだよ』
と、責めるより労ることを意識します。
分析や評価より、疲れを癒す方向へチェンジです。
それが難しい場合は、慰めてくれる人に、
共感の声をかけてもらうこともいいですね。


つまり、この青字の声は、
気持ちではなく考え方のクセ
と言っていいと思います。
気持ちは変えられませんが、
考え方のクセは変えられます。

落ち込んだ気持ちは、休息や慰め・共感などの栄養で、
そのうちに回復していく(自然治癒力)ので、
負担がかかることは排除することが大切なんですね。


■疲れを予測することも大事ですよね。
そもそもの失敗の頻度を少なくするために、
疲れを予測して行動することです。
日常より体力を使うことをすると意識して休む、などです。
休んでいるのに、それでも”やってしまう”場合は、
今実行している以上の休息が必要、というお知らせかもしれません。

要は、自分のペースを掴む、ということが大事で、
がんばってもがんばっても、もっと頑張れと、言われてきた、
そんな生活を送ってきた人は、「えーーっ、そんなに休んでいいの?」
と思うくらい休んでもいい、ということもあるようです。

また、『今は疲れているので、イライラしやすい』
ということを頭に入れておくと、沸点まで行く前に
対処できたり、もし失敗しても『仕方ない』と
あきらめがつく、という利点があります。

(その他に限界設定という方法もとても有効です。)


そのようなことを繰り返して行くうちに、
新しい回路が強化されていきますので、
青字のような思考がでてきても、
取り込まれるようなことがなくなります。


失敗する(思うようにいかない)時というのは、
『そろそろ新しい段階に進もうか』という
自分自身の生きる力からのお知らせ、お誘いなんだなぁと思います。
ビッグチャンスを、逃す手はありませんよね♪
スポンサーサイト

テーマ: AC(アダルトチルドレン)
ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。