メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末に出てきやすくなる親子関係を悪くすること。

人それぞれにその人が持つ「人間関係」がありますが、

「人間関係」の基本になっているのは、

『親子関係』その家庭環境が強く影響しているのだと思います。



思うようにならなかったら叩く。

否定的な言葉を当たり前のように遣う。  

人を‘物扱い’する。



このようなことは、一番気をつけないと 

無意識のうちに感情が溢れ出てしまいます。


つい言ってしまうのは、

‘たまった思い’‘吐き出していない思い’

があるからなんだそうです。


私もイライラしているときは、

穏やかなときより

子どもに優しい言葉をかけてあげれないことがあります。


でも、子どもがわるいわけでもないのに、

子どもにとったら、

なんで大切にしてくれないのかわかりませんよね。


こうやって日常に起きている事が

子どもはこれが当たり前だと刷り込まれていくようです。


「人に命令してもいい」とか、

「否定的な言葉でおとしめてもいい」とか

「条件をつけて動かしてもいい」とか。。。


これが、社会問題になっている

他者に向かってしまう
イジメや虐待などの「暴力」や、

引きこもりやうつなど、
自分自身に症状として出てくるものがあります。

日常のことが積み重なって出てくる問題です。



「年末」になると、特に

世間に急がされる気配を感じ,

溢れ出す感情が出てきやすくなるみたいです。


大掃除だとか、お正月の用意だとか言って、

買い物に行ってもテレビを見ていても

気を焦らせられることばかりです。


毎日の家事や子育てで疲れている人にとったら、

いつもより頑張らないといけない雰囲気に追い込まれますよね。


大掃除なんて、別にやらなくてもいいことを

やるのが当たり前のように仕込まれてしまいます。


こんなことでイライラして

子どもに傷つける言葉を言ってしまわないように

自分の気持ちを基準にして、

しんどいことはしないように、

自分を大切に、人を大切にできるように

年末年始を過ごしたいですよね。


こうやって考えると、社会全体の組織が、

社会問題を深刻にしているみたいなものです。

人の心を追い込ませているような感じです。

これもそのように刷り込まれた人が多すぎるということでしょうね。


世間の動きに惑わされることなく、

自分の気持ちを大切にしていれば

イライラさせられることも少なくなります。


私もやりたくないことはやらないようにしてます。

大掃除するより、

自分や子どもに優しくしたいですからね。


よいお年をお迎え下さい(⌒-⌒)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。