メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ機能不全家庭でも、人それぞれ、違う反応。

自己肯定感を持てず、生き辛さを感じていても、
人によっては「私は機能不全家庭で育った」
ということを受け入れられない場合もあります。

親の言動に不満や理不尽さを感じたり、
反発してきたような場合は、機能不全家庭について
知った時「あぁ、やっぱりそうだったんだ」
というふうに受け入れやすいと思います。

「何かおかしい」という違和感が、
ハッキリとした形になって証明されたようなものなので、
むしろスッキリするぐらいではないでしょうか。

しかし、親の言動を
「私のことを思って言ってくれているのだ」
「私がいたらないから、こうなるんだ」
のように解釈し、親の言う事を聞き、
従ってきたような場合は、機能不全家庭であり、
適切な関わりでなかった、というような説明も
「親をけなされた、家族をわるく言われた」ように感じたり、
受け入れるのに抵抗を感じることもあるのですね。

家族とはこうあらねばならない、あるべき、という
理想のようなものが、いかに人を縛り、自由を奪うか、
ということを感じます。



育った家庭は機能不全だった、と受け入れることは、
自分自身を救う第一歩です。

それを受け入れないことは、
親の言動を正当化することになります。

それはどういうことかというと、ここが大切なことですが、
"その言動によって傷ついた自分の気持ち”
を否定すること、無視すること、抑圧することです。

傷ついた気持ちや、尊重されなかった存在に、
自分自身が気づいて共感することなく、
否定や無視をして抑圧したままでは、
何も始まらないどころか、傷が膿み広がることもあります。



しかし、人間の心はそう単純でも鈍感でもないです。
今まで白だと信じて生きてきたものを
突然黒だったと言われて「あぁそうですか」と
機械のようにスイッチひとつで簡単に
切り替えられるようなものではないですよね。

傷ついた心を抱え、それだけを拠り所にして
生きて来たような場合なら、尚更だと思います。

抵抗を感じる、受け入れられない気持ちも、
"大切な私の気持ち"ですから。



専門家のサポート(カウンセリング)を受けるなど、
ひとつひとつ丁寧に、そうした気持ちを受け止め
共感してもらう、"尊重される経験"を積んでいくと、
そんな拠り所は必要ないことに気づいてきます。

本当の拠り所、安全基地は自分の中にある、
ということを実感していくことができるのです。

すべては、さまざまな原因によって奪われた、
あるいは弱まった、生きる力(レジリアンシーなど)
を取戻すことで、改善していきます。

同じ機能不全家庭でも、人それぞれ反応も進み方も違い、
その時々で、抵抗や行き詰まりを感じることもありますが、
そういう大変な時こそ、大きな変化の時です。
休みながらでもあきらめず続けていけば、かならず、
道は開け、明るく照らされていくと信じています。

スポンサーサイト

テーマ: AC(アダルトチルドレン)
ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。