メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その人の存在を認めるための働きかけ

なでたり、さすったりすることの意味で、

stroke(ストローク)という英語があります。


交流分析では、

『その人の存在を認めるための働きかけ』

のことを【ストローク】と呼ぶそうです。



ストロークには、肯定的と否定的に認めるものがあり、

心理的・肉体的に働きかける場合があるようです。


この組み合わせで、

◆【肯定的な心理的ストローク】
  
  話しを聴く うなずく
  
  目を見る 褒める 微笑む 信頼する


◆【否定的な心理的ストローク】

  怒る にらむ 相手の目を見ない 

  無表情 制止する


◆【肯定的な肉体的ストローク】
 
  なでる さする 抱きしめる 

  おぶる 握手 手当て 指圧


◆【否定的な肉体的ストローク】

  叩く 躾として体罰をする



これを見てもわかるように、

肯定的なストロークが、

相手の存在を認めるという行為ですよね。



親が‘しつけ’として、

理屈のわからない子どもにする体罰や、

‘親の問題やストレス’によって起きる感情を、

子どもにぶつけてしまうことも

子ども側からすれば、自分の存在を

否定されていることになりますよね。



ストロークの与え方として・・・


【無条件肯定】
    
  存在だけで素晴らしい。

【条件付肯定】

  性格や行為を条件付きで肯定
   (○○○ができたら、抱きしめてあげる)

【条件付否定】

  性格や行為を条件付きで否定
   (こんなこともできないんて、
      うちの子じゃない)

【無条件否定】

 存在そのものを否定  
(お前なんかうちの子じゃない)


↓『あなたの子どもを加害者にしないために』
 著者 中尾英司さん 〈生活情報センター発行〉より
 

あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共感力を育てる17の法則―
あなたの子どもを加害者にしないために―思いやりと共感力を育てる17の法則―中尾 英司

生活情報センター 2005-07
売り上げランキング : 39968

おすすめ平均 star
star親として何をするべきか?
star多くの人に読んで欲しい
star切なくて涙がでました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



‘条件付’っていうのが、子育ての中で、

大人の都合で言ってしまいがちになりますよね。



子どもと関わるのなら、

‘無条件肯定のストローク’をあげることで、

子どもが、のびのびと自信を持って、生きていけるようですね。



日常、否定的や、条件付きのストロークを

子どもに送ってしまうときがありますよね。


こうやって活字で読んだり、

書いてみると、ハッ!とします。



頭ではわかっていても、できないときもあるけど、

知識として脳に入れることで、

時間をかけてでも、やろうと思えば、

必ずできるようになるそうです。



    byたんぽぽ


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。