メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢ではなく、あきらめをつける

子どもの成長段階のひとつとして

『あきらめをつけること』があります。

「我慢・忍耐力をつける」という表現も

ありますが、私は、「我慢する」

という言い方があまり好きでないので、

『あきらめをつける』と表現しています。



「我慢・忍耐」って言葉、

聞いただけでしんどそうですよね。


例として息子の場合ですが、

欲求を右の脳で感じて、

「ほしい!ほしい!ほしい~!」

ってなるので、それを買えないときは、

左の脳で考え、あきらめるつける練習です。


これが、また辛いんですよね~。

涙、涙の訓練になっています。


まだ子どもだから、欲求のかたまりのようなものだし、

年齢的にもまだ自由が効かないところもあるし、

それに息子は欲求が高い方なので、



①生理的欲求 (安心感を得る・体を大切にする)

    ↓

②承認の欲求 (心の力を大切にする・
       自信を持つ・自分が好き)

    ↓

③自己実現の欲求 (自己決定する)


‥とありますが、

息子は、もう自己実現の欲求にきていたようで、

自分で決めるしかなかったんですよね。


そして、私の役割は、期待を外し、

ガッカリさせることなんです。


これが、私にとっても難しいところで、

私は、喜んでもらうことが好きな人なので、

ガッカリさせることは反対のことになるんですよね。


でも、これをしといてあげないと、

子どもが困ることになるので、

私も自分との葛藤がありました。


あきらめをつける練習のサポートとして、

いくつかの選択肢を提供してあげます。


これは、左の脳を使うのに役に立つんですよね。


選ぶものを前に出されたら、

感情的になってる気持ちが、

「どれにしようかな?」と、

騙されたように考えてしまうんです。

このやり方はお薦めします。

小さな子どもさんから、大人になっても使えます。


感じることは自然に入ってくるけど、

左の脳で考えて行動することが難しいんですよね。

でも、コレは大事なことなので、

息子も私もその都度練習しました。

今ではそれも習慣になりつつあります^^


byたんぽぽ


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。