メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ったときにどうするか?

子どもって、言うことを聞いてくれないですよね。

親の思うように動いてくれたら、

どんなに楽になるかと思いますが、

思い通りにならない方が、

子どもにとったら居心地がいいようです。


でも、それでは、親も困るし、

「わがままに育つんじゃないか」と思って、

言うことを聞かそうとしてしまいますよね。


そんなとき、どうするか?!


子どもがやりたいことや、

居心地がいい幅ってあると思うんです。

親も「これぐらいはいいけど、これ以上は困る」

っていう幅がありますよね。


そこを調整すればうまくいくようです^^
(折り合いをつける)


『親が制限して子どもに選択させる』という方法です。


これをしていれば、一石二鳥なんです^^


親は、感情的になるほど怒らなくて済むし、

子どもは、自分の意思で決めることができるようになるし、

自分で決めたことの方が、約束を守りやすいようです。


人生は選択の積み重ねですよね。

一度選択したことがうまくいかなくなったら、

また選択すればいいです。



親が困ることの中で、

 「片付け」の問題がありますが、


親と子どもでは、観点が全然違います。


家の中が散らかっているのが困る親は、

とにかく散らかることが困るんですよね。

散らかると、片付けるのは‘私’となるわけで、

掃除機をかけたり、用事が増えます。


でも、子どもの頭の中に「片付ける」ということが

どのくらいの割合であるのか?と考えただけでも、

ゼロに近いかもしれませんよね^^


これだけの違いがあるので、

それをどっちかに合わせるのは不可能ですよね。


共有する場所なら、ホントに困った問題になります。


制限して選択をさせる時に、大切なのは、

気持ちを伝えることのようです。

気持ちを伝えることは効き目があります^^

気持ちで動けるようになりますから。。。


子どもでも、人が困っていると聞いたら、

 「どうしよう~」と考えるみたいです。


小さな子どもさんでも、

お母さんが困った表情を見せるといいのだと思います。


私は、こんな方法をカウンセラーさんから

教えてもらっていつもやっているのですが、

「なるほどね~」と思うくらい、

子どもが成長していくんです。


今では、逆に、

子どもが困ったときに、制限させられて、

選択させられそうになることがあります。

「お母さん、このおもちゃと、このおもちゃ、

 どっちやったら買える?」って‥^^(笑)


      byたんぽぽ

スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。