メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を守るために~他者の怒りを背負わない~

他者に怒りをぶつけられても自分の問題として

 背負わない能力はとても大切です。

例えば、子どもが家庭外(学校や園など)で

「適切でない行動を叱る」のではなく、

「単に怒り/ストレスをぶつける」という

行為に遭遇することもあると思います。


「怒りをぶつけてしまう人」はたくさんいますよね。

でも、「他者は変えられない」ので、

その「ぶつけられる怒り」にどう対処するか、

で、自分がストレスを感じずに、

または自分が悪いという自己否定感を

感じずに済むと思います。



特に子どもは身体的に不利だし、

人権感覚の低い大人の

標的になる場合もあります。



なので、この「怒りを背負わない能力」

を伸ばすお手伝いをすることも

とても大切だと思います。



幼稚園・保育園・学校などは

親の目の届かない場所ですよね。



でも、そういう力が子どもにあると、

少しでも安心ですよね。



まず、生活のメインである家庭で、

日頃から親が

「子どもがしてはいけないことをした」

のはもちろんですが、

「子どもが親のして欲しくないことをしたとき」、

(特に、親がイライラを感じているとき)

YOUメッセージで

「あなたが~~したから~~になったんでしょ」や、

「だから~~しちゃだめって言ったでしょ」、

もっと単純に「悪いことをするからでしょ」と

いうふうに言ってしまうと、ここで

「あなたの“せい”(責任)である」

というメッセージを受け取り、

「自分が悪い」という評価が刷り込まれていくんですね。



これが日常化していくと、子どもは(人は)、

「怒られるのは自分のせい(責任)である、自分が悪いのだ」

という考え方になっていきます。

脳の回路がそうなるんですね。



誰しも、「自分のせい、自分が悪い」

とは言われたくないですよね。



なので、

「怒られたくない」から行動できない、

「怒られたくない」から自分に起きたことも言えない、

「怒られたくない」から本心も言わない、となります。

これは「自分を守る」ための当然の心理なんです。



「言わない」「しない」ことを責めたら

余計に萎縮してしまいます。



そして、他者が、ストレスからのやつあたりで

「怒っている」のだとしても

「自分のせいではないか?自分が悪いのか?」と

「怒られている」と受けとるようになっていきます。



なので、やはり親は、

「してはいけないことを説明する」ことと、

「ストレスでイライラしている」ことを

分ける必要がありますよね。



ストレスは感じて当然なので、

「イライラしてたな~」と思えば、

「さっきはごめんね、

 ちょっとイライラして言いすぎたね。

 ○○ちゃんが悪いんじゃないからね。」

とフォローすれば子どもにも解りやすく、

自分を責めずに済むんですね。



YOUメッセージで責められてない子どもは、

例えば誰かがイライラしてそれをぶつけたとしても、

『“怒られて”いる』のではなく、

『ああ、この人“怒ってる”んだな』と、

自分が巻き込まれず、自分を責めずに済みます。



そして、「怒りをぶつける」人からは逃げる・離れる、

という判断もでき、大人にも気持ちをそのまま伝え、

危険を回避できる、ということです。



家庭での日頃の子どもとの関わりで、

子どもが自分で自分を守る能力が伸びるか

抑圧されるかも変わってくるので、親は、

適切な関わり方のスキルを持っていたいですね。



      byひまわり


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。