メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き分けの良い子・・実は要注意?!

しつけがうまくいっているように見えて、

実はSOSを発している子どもさんもいます。

‘『親の前では』聞き分けの良い子ども’さんです。


「うちの子はどうだろう?」


このように確認していくことがまず必要なのですが、

これは見極めるのが難しいと思うのです。

聞きわけの良いのも‘親の前では’という

条件付なんですものね。


・・というのも、以前息子のお友達に

そのような子どもさんがいて、

自分の気持ちをお母さんに言えず、

またお母さんも受け止めることをせずに

常に言動を指示する、というような

抑圧的な関わり方だったことから

心を痛めるような経験があったためです。

子どもさん自身も、怒りをうまくコントロールできず、

溜め込んで爆発する、あるいは

暴力で表現してしまう傾向にありました。

これは、子ども自身もとても辛いんですよね。



そうした抑圧に気づくために、

まずは見極める方法なのですが、

○子ども自身の意思で、親の言う通りにしているのか?

○親に怒られるから言う通りにするのか?

を確かめることが必要ですが、



「本当にそうしていいのかな?」

「イヤならイヤと言っていいんだよ。」



こんな言葉をかけてあげていると、

確かめられるかもしれません。


この言葉から、親が怒っているようには思わないし、

子どものことを思っているので、

安心感が得られますよね。


こんなとき、

子どもは本当の気持ちを言ってくれるようです。


こうやって聞いても親の言う通りにするなら、

ずっと続けてみることで、結果は出てきます。


続けられる親なら大丈夫ということです^^




親が言い聞かせていることは、

‘親の都合になっていないか’どうか‥

これを冷静に考えれば、何か気づくことがあるかもしれません。


例えば・・・

◆子どもの宿題をいつするかを親が決めていないか?

◆禁止事項が多くないか?

◆嫌いな物までムリに食べさせていないか?


など、親が決めているようなルールが多いと、

ひょっとしたら、子どもはしんどいかもしれませんね。


こういうのは、子どもが決めてもいいことや、

家のルールは、子どもと親とで決めることですよね^^


お小遣いにしても、厳しすぎると、

あとで、何らかの問題が出てくるように思います。

5歳くらいからは、お小遣い制にして、

お金をやりくりして使うことを教える方がいいそうです。



あとは、日頃の‘言葉かけ’もですよね。


『肯定的な言葉をかけているか?』

『子ども自身を否定するようなことを言っていないか?』


というのも、大切なポイントになると思います。


言いだしたらキリがないのですが、

子どもが爪をかんだりしていても、

こういう子どもさんは、常に緊張していたり、

不安だったりすることもあるようですから、

気をつけてあげる方がいいみたいです。



学校で、人の物を隠したりする子は、

注目されたかったり、

かまって欲しい子どもさんだったり‥するようです。


問題行動の裏側には何かがあるんですよね。


その場、その場を抑えつけてしまうのではなくて、

引き出してあげることは本当に大切です。


欲求が満たされている子どもは

困難なことがあっても、

乗り越える意欲が、自然に身についているようです。


親自身が、自分や人に厳しかったり、

欲求を満たされなく育っていたり、

何でも否定的に考えるタイプだったら、


まず、自己尊重をすることを学ぶといいようです。


私がお世話になっているカウンセラーさんは、

いつも「あなたはそのままでいいのよ」と言ってくれます。

この言葉を言ってもらうだけで、

大人でもホッとするのですから・・・(*^_^*)


byたんぽぽ



スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。