メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども同士のトラブル

子ども同士のトラブルにおいても、

親ができることは、やはり

子どもの気持ちを聴くこと、

気持ちに寄り添って共感することなんですよね。



NGなのは、親が子どものトラブルを

自分の過去に投影して、

「うちの子に何をするんだ」のような不快感に

自身の過去の同じような経験上の

不快感・怒りが無意識に混在し、

抑え切れずに感情のまま介入してしまうことです。



相手の子どもを結果のみで判断して怒ったり、

または相手の親に怒ったり。



程度によっては大人の介入も必要な場合もありますが、

その場合は、問題行動をする子どものSOSを

受け止め、なぜそうしてしまうのかの原因を

考え、改善するにはまわりも含めどのように

対応していけばいいのかを長期的に実行していく

のでなければ、根本的な改善は難しいんですね。



子どもはその後のケアが適切なら回復力も早いし、

ケンカしたと思っていたのにすっかり仲直りして

楽しく遊んでいたというケースも多いです。



親の方が、自分の潜在的な怒りが引き出され

追加されてなかなか気が治まらない、

相手の子どもの表面的な行動で

「あの子は悪い子」と評価し、

警戒心を抱いて子どもの友達を選んだりすると、

過干渉になってしまうんですね。



それは、親の方が抑圧された気持ちを

たくさん抱えていて、共感して欲しいのは

親自身だということですよね。

自分がじゅうぶん気持ちを受けとめてもらい、

共感してもらっていないと、他者の気持ちを

受容し、共感するのは難しいです。



こういう場合も、子どもに“叱咤激励”してしまうと、

(そんなことで落ち込むなんて弱い。

 跳ね返すくらい強くならないと、のように)

これも“比較”なので、子どもを抑圧してしまうんです。



イヤな気持ちを抱えた子どもを

「あなたも悪い」

「あなたが弱いからだ」

と更に追いつめることのないようにしたいですね。



こうした“比較”という抑圧は

とても身近にあって、

かつ生きる力を奪うものなので、

まずは自分の中にもある

比較や評価のクセに気づいて

自分を他者を尊重する力を

子どもと共に育んでいきたいですね。


byひまわり


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。