メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「叩く子」どうしたらいいのか?

自分の子どもが、お友達を叩いたりすると、

親の方も困りますよね。一番悩むところかもしれません。



「叩く」というのは、感情表現をしていることで、

自分の思い通りにならないことがあったりすると、

「叩く」行為になると思います。



親が子どもを叩いてなくても、

子どもは叩きます。


親が子どもを叩いていれば、

「叩くこと」が肯定的な行動になり、

暴力が正当化された上で、

お友達を叩くことになるようです。



★子どもさんが、叩くことを始めたら、

 どうしたら良いのか?


私が子育ての専門家の方に教わって、

実行してきたことを書きます。




◆子どもの気持ちを汲み取ってあげること

  「~したかったんだね」

  「このおもちゃで遊びたかったんだね」

  「~したくなかったんだよね」

  「イヤだったんだね」


・・・など、その時の子どもの気持ちを、

大人が言葉で表現してあげることが大切なようです。

子どもが怒っていたら、一緒に怒ってあげてもいいですよ。



◆叩くことは止めますが、

  「やめなさい!」ではなくて、

上記のように話しながら、「よしよし‥」という感じで、

「叩いたら痛いからやめようね」の言い方の方がよろしいようです。



◆裁判官にならない。

 「どっちが悪い」という問題ではないので、

 「あなたが悪いのよ」など・・

  ぜ~ったい言わないようにしましょう。

こういう言葉をかけると、

「ぼくは(わたしは)悪い子なんだ」と思うようになり、

自己肯定感を低くしてしまうので、生き辛くなってしまいます。


もし、自分のおもちゃをお友達にとられてしまい、

叩いたり、叩かれたりしても、


問題なのは、「どうするか?」ということなので、


「貸してあげようか?」「貸すのはイヤかな?」

「遊び終わったら貸してあげようか?」


など、大人が、気持ちを表現しながら、

選択肢を提案してあげて、

子どもの意思で決定させてあげるのが良いようです。



◆怒りのエネルギーを外に出してあげる。


5歳、6歳ぐらいになると、お友達との関係以外に、

日常生活や親子関係でのストレスもたまっている子どもさんもいるので、

ちょっとしたことでも、すごく怒りを持つ子どもさんもいるようです。


気持ちを聞いてあげることだけで足りなかったら、

クッションなどの柔らかいものを

柔らかいところに投げたりする方法もスッキリするようですよ。




これらの方法を、ず~っと続けてきました。


「まだ叩くのか?」と不安になることもあると思いますが、

永遠と続けて下さい。大丈夫です。


小3ぐらいになれば、友だちを叩くことはなくなるようです。


まだ、家族を叩くことが続くと思いますが、

4年生、5年生になれば、家族を叩くこともなくなるようです。


それに、お友達との争いもなく、

話し合って、解決方法を見つけ出すようになりますよ^^


今の社会、

一番大切なことなのかもしれませんよね。



言葉で表現し、

「悲しい気持ち」「悔しい気持ち」「イヤな気持ち」は、

どれも、自分の大切な気持ちです。


こんな気持ちを大切にすれば、

お友達をも大切にできるのだと思います。


小さい子どもさんを育てていらっしゃる方は、

気長に続けて欲しいと思います。


それと、忘れてはいけないことがあります。


叩かなかったときや、言葉で表現できたときは、

たくさん、褒めてあげましょうね(*^_^*)




    by たんぽぽ


スポンサーサイト

テーマ: 子育てママのお悩み
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。