メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子関係の逆転という危険

子どもに親の役割をさせてしまうことが続くと、

大人になってコミュニケーションなど

日常生活において非常に差し支えのある

辛い状況に陥ってしまうことがあるのですが、

これってそんなにめずらしいことではなく、

以外によくあること、そしてそれとは気づかずに

やっていることかもしれないと感じています。




例えば、子どもに「してはいけないこと」

あるいは「危険なこと」など、

人とのコミュニケーションや、また、

自分の身を守るため、など社会のルールを伝える際に、

「なぜしてはいけないのか」など

説明することは多々あります。



そうした「なぜ」の理由を説明することは

子どもに納得してもらうために必要ですよね。

子どもに「言い聞かせる」とよく表現されています。



「だめ!」「こうしなさい!」

という否定形で伝えてしまうことは

しないようにしたいのですが、

そんな場合の親の気持ちとして

「子どもは言い聞かせればわかってくれる。」

というものがありますね。



それはその通りですし、

体罰や脅しで「親の思い通りにさせる」

ことからすれば説明するだけいい、

ような感じはするのですが、

これにもそれだけでは見落とし、

あるいは重大な勘違いがある、と私は感じています。



というのは、経験から、

「なぜしてはいけないのか」の理由を説明する前に、

「それをしたかった、欲しかった、云々」の

子どもの“気持ち”を充分に聴いて共感していなければ、

理由を説明したとしても、結果として

とにかくダメという「抑圧」になってしまうからなんですね。



なぜなら、

「これはこういう理由があるからこうするべき」

という“正しさや正当性”を持って

「言う事を“聞かせる”」ことで、

「わからせた、理解させた」という

親の欲求は満たされますが、子どもは

「気持ちを聴いてもらえず、

単に正しさを押し付けられた」気分になります。

気持ちは抑圧されたままなんですね。




これはやはり、

子どもが「折れてくれている」んですよね。

または主張しても無駄、と「諦めている」んです。

気持ちをグッと飲み込んで、従っています。

本来の親子関係が逆転してしています。



しかし、飲み込んで抑圧することが続くと

膨れ上がっていつか爆発したり、

他者の反応には敏感で気になるけれど

自分の感情がよくわからない、うまく扱えない、

などのいろんな弊害が出てくるかもしれません。



たしかに、子どもを見下して

「子どもだからどうせわからない」と

軽く扱うことは良くないです。しかし、

「子どもにも話せばわかる」というのと、

「子どもだからと言って容赦しない」

と“大人並みの分別を要求する”ことは違いますよね。




こちらの要求を聞いて欲しければ、

相手の要求も同じだけ聞く姿勢を持ちたいですね。




暴力は使っていないし、話はしている(一方的ですが)

ので、見えにくいですが、陥りがちのように思います。

見えにくいから、余計に、かもしれませんね。




こういうケースもやはり、まずは親自身が

「気持ちを受けとめて欲しい」のだと思います。



「認められたい」「褒められたい」という欲求が

満たされないまま、だとそうなるようです。



私自身、自分の内面の問題には

気をつけるようにしていますが、

「気づいていない」ことは危険だなと思います。



気づきのチャンスを逃さないように、今後も、

何事も自分に置き換えて向き合いたいです(*^-^*)



byひまわり




スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。