メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもへの言葉かけの大切さ

先日の記事 では、『聞いてあげることの大切さ』を書きました。

これは、子どもの内にある気持ちを外に出すことですよね。


今日は、『外から受ける言葉の影響』のことを書きます。



自分が責められることってイヤですよね。


「良い」「悪い」をハッキリさせるために、

責められる場合があります。


物事って、人と人の間に起きることなので、

どっちが良いか、悪いかということより、

『どうするか?』ということが大切なんです。


そんなとき、自分を肯定できる人になっていれば、

生きやすくなります。

自分を肯定することができると、

人を尊重できるようになります。


大きな問題で言えば、

認め合うのではなくて、尊重し合うことをしていれば、

戦争はなくなりますよね。



自分の子どもが、生き辛くならないために、

この‘自己肯定感’を育てることが

大切なんです。


そのためには、どうしたらいいのか?・・・


「ママは○○くんが大好きよ」

「○○くんが大切なのよ」


という言葉をかけてあげることが大切です。


思っていても、かけてあげていなかったりするので、

「おはよう」というあいさつのように、

毎日でもかけてあげる方が、

子どもは、自分が大切にされていることがわかり、

自分を大切にすることができるようになります。



子どもは、毎日、叱られたり、

注意されたりすることの方が、何倍も多いのですから、

「ママは、怒ってばかりだから、

   ぼくのことキライだと思ってた‥」

ということになっちゃうんですよね。



日常、大人が使う言葉も、

肯定的な言葉を使う方が、

子どもには良い影響を与えることになります。


つい、命令口調で、

「~しなさい」「~してはダメ!」と言う言葉を

よく使ってしまうなら、

一呼吸置いて、

「~しようね」と言う方が、

子どもは否定されなくて済みますよね。



否定する言い方は、

本当によろしくないようです。


他にこんなのもあります。

「そっちにいかない!」「走らない!」

「うるさくしない!」とか・・

よく聞くのですが、


子どもは『なんでそうなのか?』が

わかっていない場合は、頭に入ってこないので、

いつになっても大人の言うことしか聞けなくなるんですよね。


大人にあやつられていますよね。


自分の意思がどこにもなくて、

社会に出るようになっても、自分を表現できなくなるんですよね。

これは困りますよね。


「イヤ」なことも「イヤ」と言えないと、

犯罪に巻き込まれることだってありますから・・。



子どもには‘肯定的な言葉’で、

声かけすることが大切なんですよね。


こうすることによって、

「私は価値のある人間なんだ」という感覚になるので、

苦難にあっても、自分に必要なことと思い、

乗り越えることができるんです。


親が子どものためにと思い

「~しなさい」って言っていても、

子どもはその言葉から、愛情を感じとることはないんです。


私は、自分のことが大切なので、

「~しなさい」と言われると腹が立つんですよね~。

「言われなくてもするやん!」ってね^^



毎日の言葉がけで、

真逆の方向に行くとなれば、

気をつけないといけないですね。


そんなふうに、私は思います(*^-^*)



     byたんぽぽ


スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。