メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、聴いてあげることが大切なのか?

言い聞かせることより、

『聞いてあげる』ことが、なぜ大切なのかと言うと、


★子どもの気持ちを聞いてあげること、

 受けとめてもらってるということは、

 子どもは安心し、信頼できる関係が生まれます。


これが大切なんです。

子育てはここから始まるんですよね。


『安心感』があってこそ、子どもの心は育っていきます。


このとき、「そう、そう思ってたのね。」

「~したかったんだね」と、

子どもの気持ちを尊重し、受け止めてあげることです。



大人から見て、子どもが危ないことをしていても、

子どもは危ないとは知らないことがあります。


子どもの視界は、大人の視界よりも、

狭いことによって、

本当に見えてないことだってあるんです。



先日の記事の話は、

大勢の人がいる前で、子どものせいにして、

お母さんは自分を守ったんでしょうね。


このお母さんも親からそう言われてきたんだと思います。

このお母さんにとっては悪気はないんですよね。


でも、この悪気がなくやってしまっていることって、

子どもにとったら良くないことなんです。
(これって怖いですよね。)


何でも子どものせいにされ、

全然、大切にされていないんですから、

「ぼくって、ダメな子なんだ」って思ってしまうわけです。


こうなると、

何をするにも否定的になって、生き辛くなりますよね。


気づかない間に、生き辛くなっているんです。


親がそのことに気づくのは、

子どもが問題行動を起こしたり、病気になったりして、

親自身が困ってきたときです。


これで、気づいたらいいけど、

これでも、「この子どもはおかしい」と、

子どもの脳を調べる親だっているんですよ。



親の都合で言い聞かせること=『抑圧』

になっていることがあります。


子どものためにと思っていることが、

親の都合だけだったりするんです。


大人が上で、子どもが下ではないです。

子どもは大人の言うことを聞くもの・・でもないんです。


そんな時代はもうとっくに終わりました。



感情的になってしまった時は、

「これは親の都合ではないか?」と

自分に聞いてみるのもいいかもしれません。

少しは冷静になりますからね。


深呼吸して、その場を少し離れたり、

好きな音楽を聞いたり、好きな飲み物を飲んだり、

気持ちを落ち着かせることを心掛けると良いですよ。


私もよくしました^^

どうやら期間限定だったようで、

もうしなくても済むようになりました。



  ~つづく~


   byたんぽぽ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。