メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘困った夫の言動は受け入れない’

‘困った夫の言動は受け入れない’

これを受け入れていると、

子どもも「そうしないといけない」と、取り込んでしまうそうです。


子どもは、お父さんやお母さんの関係を

人間関係のモデルにしてしまうので、

お母さんが、何でも、お父さんの言うことを受け入れていると、

「こんなことも、言う通りにしないといけないんだ」と

子どもは、無意識のうちに、刷り込まれていくのだそうです。



‘困った夫’の場合、

言ってることと、やっていることが違うかったり、

命令したり、自分のことを自分でしなかったり・・・

いろいろあると思うのですが、

お母さんが困っている場合は、アイメッセージを使って、

問題の相手である夫に、

問題を返していかないといけないようです。



◆ここで、気をつけないといけないことがあります◆


夫との言動や行動で、

お母さんがイライラしたり、疲れてしまっている場合、

子どもに八つ当たりしてしまうときもあると思うんです。


八つ当たりしてしまったら、

あとで反省することもあるだろうし、わかりやすいのですが、


八つ当たりまでいかなくても、

子どもに「お父さんのあんなところがイヤだよね~!」と、

自分の気持ちを子どもに思わせるように共有してしまうことは、


  『精神的な虐待』となるそうです。


夫婦関係の問題であって、子どもの問題ではないからで、

子どもはイヤだとは、思っていないこともあります。

子どもに、余計な心配をかけさせることにもなりますよね。


でも、

アイメッセージでひとりごとのように言うのは、いいそうです。

例えば・・

「また、お父さん‥こんなところに服を脱ぎっぱなしにされたら、

 お母さんは、困るわ~」

とか。。。

これだと、子どもにはそう思わせるように、言ってないですよね。


とにかく『問題はその相手に返す』ということですね。



    家庭で見ている風景が、

     子どもにとったら、

『生きていくためのコミュニケーションの基本』


    と、なるのでしょうね。




      by たんぽぽ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。