メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイメッセージ

子どもがかんしゃくを起こしたり、ダダこねを始めると、困りますよね。
やろうと思っていた家事ができなかったり、お買い物が進まなかったり・・
そんなとき、ぜひ使って欲しいのがこの”アイメッセージ”です。

親業 というコミュニケーション講座で教わった方法なのですが、

意見が対立したとき、“相手を責めたり、困らせることなく、
自分の気持ちを伝えることができる””自分も相手も尊重できる”

というまさに魔法の言葉のようなコミュニケーション方法なんですね。

アイメッセージの“ アイ ”は英語の“ I ”なんです。
英語の会話だとI ( 私 )が主語になることが多いのですが、
日本語は YOU( あなた )が主語になることが多いです。

例えば、
子どもが遊んだあとにおもちゃを片付けなかったとします。
忙しくて、自分で片付けて欲しいとき、

「片付けなさい」

と言うと、この主語はYOU( あなた )ですよね。

「”あなたが”片付けなさい」と言っていることになりますね。

これだと、命令・指示になってしまうのです。

そして、いつもこのように、

「早くしなさい」
「静かにしなさい」
「勉強しなさい」

と指示されてばかりいると、指示されないと動けなくなってしまうんですね。
自分で感じて、考えて、行動することができなくなるそうです。


また、困るようなことをされたとき、

「どうしてそんなことするの?」
「わるいことばかりして」

のように言うと、これも(あなた)YOUが主語なので、

「”あなたは”どうしてそんなことするの?」
「”あなたは”わるいことばかりして」

なんだか責められているように感じますよね。

そして子どもは、

「わたし(ぼく)はわるいことばかりする子なんだ」
「わるい子、ダメな子なんだ」

と、自分を否定してしまうようになってしまいます。


しかし、同じ内容でも、アイメッセージを使って

「お母さん、(私は)おもちゃを片付けて欲しいな」
「それはやめて欲しいなぁ」


と”片付けて欲しい””やめて欲しい”と
”わたしの気持ちを伝える”と、
子どもも責められた気がしないので、自分を否定したり卑下することもなく、
こちらも伝えたいことを言えて気持ちよくコミュニケーションできるんです。

ぜひ一度、試してみてください。
私は、同じ内容なのに、相手の反応が全く違って
すんなり受け入れてくれることにビックリしました。

家事などで忙しい時、また疲れている時など、
子どもがダダをこねたり、かまってほしくて
“あれがしたい、これがほしい” と言ってきても、
なかなか相手をしてあげられない、なんてこと、よくありますよね。

そんなときは、

「そう、○○ちゃんはそんなに○○したいんだね~」
「○○したいよね~」

というふうに子どもの気持ちを受け止め、共感し、アイメッセージで

「お母さん、今○○してるからちょっと待ってほしいな」
と自分を主語にして気持ちを伝えたり、

「お母さん、今すごく疲れてて遊べないの、どうしよう?」
と“提案”して子どもにも一緒に考えてもらうことで、
子ども自身にも“自分で考える力”がつくそうです。

これを親が続けていると、子どもも、自分の気持ちを、
そして自分自身を大切にできるようになるそうですよ。
スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。