メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過干渉になっていませんか?

「私は子どものことを可愛がっている」と思っていたら、

大間違いなことがあるのです。


世間に対して、恥ずかしくない子どもにしようと思って、

何でもかんでも親が決定し、

礼儀正しく、勉強もできて、習いごともして、

お友達もたくさん作って‥と、

いかにも子どものことを思っているかのように、

厳しく子どもをしつけていると、

子どもが‥とんでもないことになります。


可愛がっているのではなくて、

過干渉になって支配していることになっているんですよね。


そうすると、人(子ども)と接しているのではなく、

物を取り扱っているようになってしまうので、

‘気持ち’なんて無視に近い状態です。


子どもにとったら、気持ちを無視されて、

粘土で作品を作られているかのようになるんです。

怖いですよね。



親自身に不安が高かったり、

何か解決していないものを持っていると、

こんな子育てをしてしまうことがあります。


そして、いつか子どもがSOSを出してきます。

病気になるか、問題行動を起こすか、犯罪とまでなるか。。。


SOSを出しているのに、

気づいてあげないとSOSになりません。


気づけたなら、

親もSOSを出してもいいのですよ。

貴女はわるくないですから。

人に話してみることが大切です。


誰か助けてくれる人がいます。

見つかるまで探すといいのです。必ずいますから。


相談機関は調べてみるとたくさんあるんですよ。

市役所へ問い合わせてみてもいいし、児童相談所でも‥

たくさんあります。


どこに相談したらいいのかわからない場合は、

私たちに相談メールを送ってきて下さい。



私もいろんな子どもたちを見てきていますが、

窮屈さを感じている子どもさんはアンテナに引っかかってきます。


何でも親が決めて、

自由に動けないから、窮屈なんですよね。



子どものことが気になって、

子どもの気持ちを聞かずに何でも親が決めてしまう方は、

「過干渉」になっていることが多いようです。



気をつけてくださいね。



  by たんぽぽ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。