メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームをさせることは本当はいいのか?

子どもが5歳ぐらいになったら、

「ゲームが欲しい!」と言い出しますよね。


言わない子どもはいないぐらいではないでしょうか。

テレビCMを見ていても、楽しそうですし欲しくなります。


私は『ゲーム脳』と言われることも気になっていたし、

どうしたらいいのかと悩んで、

先輩のママさんに相談したり、

ゲーム売り場まで実際に行って、店員さんにどんなゲームがあるのか、

5歳ぐらいならどんなのができるのかを尋ねたりもしました。


他のお母さん方も、

「時間を決めてやるようにしたらいいと思うよ」

と、話してくれたりしたのですが、


うちの場合、

結局、そういうゲームを与えることはやめました。


その時の理由は、

◆性格的にゲームをするのには向いていない。

◆時間を決めてもやめれない。

◆やめさせる事が私のストレスになりそう。

◆ソフトを買っていくにはお金がかかる。

こんな理由でした。


うちは、小さいうちから

ゲームで夢中になるほど遊ばなくてよかったと思っています。



「時間を決めるといい」「視力が落ちる」とか

そんな問題ではありませんでした。


私は「『ゲーム脳』って本当のとこどうなのよ?」って思っていたので、

ゲームに関してとても詳しい方(ゲームソフトを作っている方)に

教えて頂きました。


納得できるお話なので、

こちらでも紹介させて頂きます。 (この方にも了承済です。)


◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆

★★★ゲームが脳に与える影響というのはいくつか論文が出ています。
『ゲーム脳』というのは、その中でも一番話題を集めました。

一言で言うと、以下のような内容です。

ゲームでは何をしなくちゃいけない?と考えるより
即、行動しなくてはいけないですよね?

この行動は反射的なものですから、
人間の情緒などをつかさどる部分を経由しないで行動するため
これを繰り返すことは情緒不安定な人間が
出来上がると言う理論を脳波で証明したんです。

ただ、この学説まったく根拠がないものです。

反射神経的な行動って、将棋の名人の脳波とかでも同じ結果になるんです。


なので、ゲーム脳というのは実は現在の学説では間違いとされています。
(それどころかトンデモナイ学説のひとつとされています)
現在は、日本の神経学界が正式に研究しているはずです。

◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆


【たんぽぽ】

こういうことなら、ゲームをしても大丈夫だと思いますよね。

そうなんです。

ゲームをしても大丈夫なんです。


でも、

私がひっかかっているのは、

人をやっつけていくゲームです。

簡単に人を殺したり・・・

「こういうのんってよくないのとちゃう?」と思います。


実社会と、ゲームの世界が同じになってしまう場合です。

コミュニケーション不足にもなるだろうし、

なんでも、リセットしてしまうようになっても困ります。


ゲームビジネス界も、この現状には困っているようです。



◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆

★★★ここからは、ゲームの構造の話に成るのですが・・・

ゲームというのはストレスとその開放という報酬の繰り返しで作られています。

ストレスを開放する気持ちよさがあるので、ストレスを受けた状態ではやめにくい
そして今のゲームではそれが複雑に時間軸がずれているんです。
これは解決してるけどあっちはまだ残ったままだから
もう少しやりたいみたいに思わせるように。

今は友達と競い合ったり交換し合ったりするゲームも多いため、
プレイするとやめにくいと思います。
(長く遊んだほうが有利⇒自慢される⇒もっとやりたい)

こんな感じなので始めるとなかなかやめにくいのがお分かりいただけると思います。

また、新しい学説で正義のヒーローになるものは、
他者排除の心理を植えつけるためよくないというものもあるんです。
(ヒーローモノドラマなども同じです)


理想論で言えばゲーム以上の楽しい遊びを提案すればいいわけですが、
ゲーム自体が子ども達のコミュニケーションツールのひとつになっていることも否めません。

どうしても遊びたいという話になった場合、
しっかり話し合われ、無理に拒否しなくてもいいと思います。
それも、与えないことも無理強いしていることになりますから。

ただ、ゲームを遊ばせるには、
与える側も子ども以上にゲームを好き(詳しい)じゃないとダメかなと思います。
それでなくてもゲームはコミュニケーション不足を生みますから。


子どもさんのお友達に何らかの影響を感じ取られていらっしゃるなら、
別の原因も考えられます。

環境ホルモンとか、家庭環境とか・・・
特に多くの場合、子どもを静かにさせるためにゲームを利用することが多く、コミュニケーション不足が問題にあると思います。


●まとめると
* いわゆるゲーム脳というやつは大丈夫です。
 いまだにTVとかでもやってたりするのは、
 視聴率が稼げるからやTVメディア以外の敵を常に作っておかなければいけないからであって、
 根拠はまったく問題ないです。

* 次に、過激表現がもたらす心理影響ですが、
 これは問題があると思います。


自分達で買うソフトを選べば問題ない話ですが、
子ども達はゲームソフトを貸し借りするのでそういうわけにはいきませんね。

それに時間を決めて遊ぶというのも難しいと思います。

ただ、端から悪いものとして拒否するのも違うかもしれませんね。
とはいえ遊んで得るものがあるゲームって少ないんですけどね・・・

子ども達の基本的なコミュニケーションツールになっている面もありますから、端からゲーム=悪いものと拒否しないで、
なぜ必要かを汲み取ってあげることも出てくるかもしれません。



◆‥‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆‥‥‥‥‥◆

【たんぽぽ】

私が思うに・・・
ゲームを子どもに与える理由として、

◆みんなやっているから取り残されないように。

◆ひとりで遊んでくれるから楽。

◆親も遊んでみたいから。


こんな理由が親の気持ちの中にないでしょうか。

子どものことを考えるより、親の気持ちの方が優先して、
子どもがゲームを必要とする理由や、
コミュニケーション不足になることも含めて、
真剣に考えてあげているかどうかだと思います。

もちろん「子どもが欲しがるものを買ってあげたい」という気持ちは
あると思います。


私がゲームに関して思った結論は、

『5歳ぐらいからは、ゲームができる年齢ですが、
 人とのコミュニケーションを覚えていく時期なので、
 そっちを優先にした方がいいかもしれないということです。』

同時進行できるならいいと思いますが、
実際にできるかどうかは難しいと思います。
私にはわかりません。。。


‘人生ゲーム’や、私たちが子どもの頃に流行ったゲームが
今、復活していますよね。

あういうゲームなら、お友達とコミュニケーションをとりながら、
考えたり、勝ったり、負けたりと‥、
人と話しながらできるので、

私はこっちのタイプの方が好ましいのではないかと思います。


あれから5年経ち、
お友達とのこともいろいろあり学習しながら、
コミュニケーション能力もついたので、
ゲームをしても悪影響を及ぼすことがないと思うのですが、

好きなこと、得意とすることができたので、
ゲームが好きでゲームをするか、
得意とすることで遊ぶのかは、
子どもが選ぶことになるのでしょうね。


この『ゲーム脳』について教えて頂いたお友達には感謝しています。
有り難うございました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。