メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「知っていましたか? こんなお話‥」

子ども力×母親力―子育てホット・トーク(飛鳥新社)

早川たかしさん、明橋大二さんの著書なのですが、
お二人とも子どもの専門家です。


この著書に、とても納得することが書かれていましたので、ご紹介します。


『土台になる自己肯定感が低い日本の子ども』
‘ベースに問題を解決しなければ、何も変わらない’



そうなんです! コレなんです。

………ここから引用……


→明橋  
 いま、心配な症状や行動を見せる子どもたちを見ていると、
大前提になっているはずの「自己肯定感」がボロボロになっているんですよ。

すごく傷ついている。

そういう子どもたちに「しつけ」や「学力」を言おうとしても、
土台がボロボロな上に築いたらよけいにボロボロになる。

たとえば、キレる子どもに「きちんと机に座っていなさい」とか
「人への思いやりを考えなさい」と言っても、
自分が否定されているように感じてよけいにひどくなる。

私の図で言えば、一番土台の問題なのに、
それをこの上のレベルで解決しようとしているからです。

だから、土台をまずしっかりつくることが大切です。
それさえつくれば、それなりにルールを守れるようになるし、学力も身につくようになる。

この一番大事な自己肯定感というのが、
日本はアメリカ、中国に比べて圧倒的に低いという結果が出ている。
そこが問題なのに、安倍首相の「美しい国へ」の教育改革の青写真は、
二番目、三番目のレベルのことしか問題にしていない。
ルールを守れ、学力を上げる、このふたつです。

「美しい国へ」(文春新書)の中では日本青少年研究所の調査結果を使っています。
この中のデータを使い、ルールが守られていないとか、学力が低いとか言う。
同じ調査の中に自己肯定感が低いというデータもあるから、
安倍首相は絶対見ているはずなのだけれど、それには一切ふれていない。

それはあえて、無視したというより、その重要性がわからなかったのだと思います。
自己肯定感の重要さを安倍首相(一九五四年〔昭和二十九年〕生まれ)の年代は
知らないんです。


…………引用終わり……………

安倍首相が国会でしゃべっているのを見ていると、
自分が責められるようなことを言われたとき、
すごくムキになって言い返していますよね。

あんなコミュニケーションのやり方って、
ご近所さんではできないことですよね。

あの方が首相になって、
教育改革に力を入れてくれていることで、
この一番大切な『自己肯定感』をしっかりつくることに気づいてくれたら、
日本も捨てたものじゃないと思います。


子どもを育てていく私たち大人が、

まず、自己肯定感を取り戻すことが大切です。

土台を掘り起こしていくことで、

「自分は自分のままでよかったんだ」とい思えることができます。


鬱など、精神的なことで、辛い思いをされている方も、

ラクになれることですし、

周りに八つ当たりをしなくて済むということでは、

犯罪も少なくなることと思います。


問題は、自分自身が、生まれながらに持っていた

“自己を肯定する気持ち”だったんですよね。

これを取り戻せば、本当の意味で、

「美しい国」となることでしょうね。

と、私は思います(*^_^*)


 by たんぽぽ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。