メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりの考えには限界がある。

「子どもに障がいがあろうと、親には養育する責任がある。

それを放棄したのは大きな考え違いです。

ひとりの考えには限界があるから、

今後はひとりで悩むより、

自分の弱みを見せて、

人の力を仮りるという生き方を考えて下さい。」



この言葉は・・・、


無理心中を図って娘を絞殺するも、

自らは死にきれずに殺人の罪に問われた被告人(母親)に対し、

裁判官が言った言葉です。



長嶺 超輝
裁判官の爆笑お言葉集 より


いくら自分の子どもでも、「親の責任」で、

自分の手で育てなければならないということはないです。


この「親の責任」というのは、

子どもを「どう育てていくか」を考えることだと思うので、

自分ひとりだけの考えには限界があるから、

人の力を借りるということを考えて欲しい
ってことです。



人って、思い詰めているときは、

自分ひとりで考え込んでいるときだと思うんです。

こんなときは、「今の現実がなくなればいいのに」って

考えることの方が多いですよね。


でも、それは、その一点しか見えていないので、

そう思ってしまう、思い違いです。


「こうのとりのゆりかご」に、1ヶ月の間に、

3人の子どもさんが預けられたという現実は、

それだけ、育てられないで困っている人が多いってことだと思います。

「無責任な親が増えた」とか‥、子育てもしたことない人が、

口先だけで言ってる場合じゃないんですよね。



相談される側は、

相談されることを迷惑だなんて思っていないので、

自分が安心できる人に相談して欲しいです。


子どもを叩いたり、言葉の暴力で、

子どもを精神的にも傷つけてしまうことは、

親が「SOS」を出しているんです。


親も、誰かに助けてもらう必要があります。


子どもに八つ当たりしていたり、罰を与えていると、

いつか、その子どもから必ず大きな罰を与えられるので、


ひとりの考えには限界があるから、

人の力を借りるという選択肢があることに、

気づいてくれることを願っています。

 
     by たんぽぽ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。