メニュー

HOME
お問い合わせフォーム
育児の大切なポイント
LINK

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Peace of mind

Author:Peace of mind
私たちは、すべての子どもたちが
●安心できる環境で
●自信を持って
●生きる力を自由に発揮できることを願っています。

★子ども自身が自分で感じ、考え、行動できるように
★誰もが生まれ持つ、素晴らしい力を活かせるように
★自分を、他者を尊重できるように
★未来に明るい希望をもてるように
そんな社会にしていくために大人ができることを考えていきたいと思っています。

主要メンバーは、日頃から育児の専門家の方のアドバイスを受けるとともにさまざまな育児講座や心理学講座、ワークショップなどで知識と知恵を培ってきました。
これまでの経験や、新たな学びや気づきから得たことが、育児の悩みを解消するお役にたてれば嬉しいです。
      
NPO法人ピースオブマインド 
http://peaceofmind-j.net/
代表   中栖 久美子
副代表    亀 智美

月別アーカイブ
BlogPeople

List Me! by BlogPeople

FC2カウンター
おすすめの本
リンク
人気記事ランキング
ブログ内検索
フリーエリア

Cherish a feeling







おこちゃまランキング
e-まちタウンサークル
にほんブログ村 子育てブログへ

子供服・子育てブログランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
ログログシール
ブログランキングranQ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
人気ブログランキング - Peace of mind
track feed

ブログ検索


オートリンク
by オートリンクネット
[PR]CHILD-LIFE 

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”子どものため”という親子関係のズレ

”子どものため”と思ってしていたことが、
実は子どもを追い込んでしまっていた・・


そういうことが多くの家庭で起こっているようです。

追い込まれた状況から、助けて欲しい、と伝えるために
子どもは、問題行動を起こす、親が困ることをするなど
あらゆる方法でSOSを発信します。

そこで、親がそれを”どのように受け取るか”
ということがまず問題になってきます。

子どもの問題として、言い聞かせたり諭したり、叱ったりして
言うことを聞かせよう、正そう、直そうとするのか、
自分自身の子どもへの関わり方、そして
”子どものため”と思っていたその考え方自体に問題があった、
として自分を変えようと動き出すのか。

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

子どもの可能性を奪う、親の”過干渉”

不適切な親子関係として、親の”過干渉”があります。

過干渉はこのように行われているようです。

■体罰と同じく、”しつけ”や”子どものため”としてやってしまう。
■適切な子どもとの関わりや、子どもの発達課題を知らず、
 子どもの頃に自分の親がしていたことをそのまま繰り返してしまう。

では過干渉とはどのようなものか、具体的に挙げて行きたいと思います。

■過干渉とは■

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

ピカピカメッセージとギザギザメッセージ

子どもの自己肯定感(自分を、他者を尊重する大切な生きる力)
を育むには、毎日の親の子どもへの関わり方が大きく影響します。

日頃から親がこちら(子どもへの肯定的な働きかけ)で紹介したような
肯定的ストローク(ピカピカメッセージ)で接していると、
子どもの心は栄養たっぷりですくすくと育ち、ピカピカと輝きますが、
否定的ストローク(ギザギザメッセージ)を受けてばかりでは、
鬱憤が溜まり気持ちがささくれてギザギザになり、
親が困るような問題を起こしたり、身体症状が出たり、
さまざまな形でSOSを発するようです。


続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

ママ友間の"いじめ"の構造

チャムグループピアグループと言われる
仲間関係の発達過程があります。

旗チャムグループとは(サリバンの定義)

同質を経験するグループです。時期は思春期前半。
数人のメンバーから成り立ち、
内面的な共通性が重視されます。

”仲良しグループ”などと呼ばれますよね。
興味や趣味の共通点で結ばれています。

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

親が自身の欲求に気づこう

親が自分の欲求に気づき、どのような欲求も自ら認めることで、
子どもの欲求の存在も認められるようになります。

親自身が、自分の欲求の存在を誰かにしっかりと受け止めてもらい、
自身でその欲求の存在を認める必要があるのです。

欲求を持っているのは自分自身であり、それを否定することは
自分の存在を否定してしまうことになるからです。

自分の欲求は何だろう?と考える時、わかりやすいのが
A.H.マズローの欲求段階説です。

■マズローの欲求段階説とは?

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

気持ちの下の”ニーズ”とは?

先日、森田ゆりさん気持ちのワークショップ
ファシリテーター養成講座
を受講しました。

”『気持ちのワークショップ』は、子どもたちが
気持ちを言葉で表現できるようになるために
『気持ちの本』を使って実施するワークショップ”とのことです。
(エンパワメントセンターHPより)

<今回の講座で新たに学んだこと>
(気持ちのワークショップレジュメより)

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

なぜ、子どもの要求を受け止められないのか

子どもの心は要求(甘え)を満たすことで成長していきます。

しかし、その要求に親が応えられない場合。
例えば、”甘え”を”甘やかし”として聞き入れない、
”厳しいしつけが必要”として要求をはねつける、などです。

このような場合は、子どもの要求は抑え付けられ溜まっていきます。
溜めていく器にも容量があるので、入りきらずに爆発することもあれば、
次から次へと入ってくるために抑え付けられてやがて歪むこともあります。

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

頑張らなくてもいいんだよ

巷にはまだまだ”頑張れ”のメッセージが流れて続けています。

子どもを見守り、応援するには、
”頑張れ”ではなくこのように言うのが効果的です。

認める→『本当によく頑張っているね

褒める→『スゴいね!よく頑張ったね

どちらも承認欲求が満たされて心の栄養になります。
栄養を得ることで、また意欲(やる気)が湧いてきます。

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

話そう。問題を隠さずオープンにしよう。

これまでに"禁止令""条件付きの愛情"などの
不適切な関わりをご紹介してきましたが、
寄せられた感想の中で最も多いのが、

『ほとんど全部やってました(;^_^A 』

というご意見です。
それもそのはず、専門家の間では、
”日本では、80~90%が機能不全家族
という説もあるくらいですので、
めずらしいことではないんですね。

こうして自分の状況をそのまま受け止めた方は、

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

子どもの感情を抑圧する関わり 具体例

モヤモヤしているけど、このモヤモヤが何なのか、よくわからない。
これをどうすればいいのか、わからない。

自分が本当にやりたいことなんて、わからない。
考えるのも、面倒になってきた・・

感情を大切にしてもらえずに育つと、そんな生き辛さを抱くようです。

自分の感情・気持ちを大切にすることは、自分を大切にすることです。
(感情を大切にする=感じた気持ちに、心からこれでいい、と思えること)

気持ちを大事に扱うことで、自尊感情が生まれます。

自分の気持ちを大切にできないと、他者への思いやりも生まれません。

自分が今、何を感じているのか、どうしたいのか、わからなくなるのは、
幼児期の親子関係と密接に関わってきます。


■■具体例 Aちゃんのケース

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

子どもへの適切な言葉がけ~アイメッセージ~

子どもがかんしゃくを起こしたり、ダダこねを始めると、困りますよね。
ママは買い物を続けたいけれど、子どもは何かをして欲しくて泣く。
このように、親子の欲求(意見)が対立したとき、
相手を責めたり、傷つけることなく自分の意見を伝えることができるという、
自分も相手も尊重する適切なコミュニケーション方法をご紹介します。

●●アイメッセージ●●(T.ゴードン親業より)

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

★昨日相談メールを頂いた関西の方へ★

☆昨日相談メールを頂いた関西の方へ☆


メールを返信させて頂いたのですが戻ってきます。

こちらからのメールはyahooメールになりますので、

受信設定の変更、又は書き込んで頂いたメールアドレスが

違っているかと思いますので、

アドレスをご確認の上、

再度ご連絡を頂けますでしょうか。

よろしくお願い致します。



たんぽぽ

意外に多い『条件付き愛情』

不適切な親の関わりの中で多くみられるのが、
条件付きの愛情(ストローク)かと思います。

■条件付きの愛情の例

(1)「~~できないならうちの子じゃない」

(2)「~~したらおやつをあげる」

(3)「言いつけを守ったから抱っこしてあげる」

(4)「おとなしくしてる良い子はママ大好き」

(5)「やればできるんだから、あきらめないで努力しなさい」

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

禁止令 ~子どもに言ってはいけない言葉~

子どもに言ってはいけない、不適切な言葉があります。
交流分析(TA)の禁止令より引用します。

保護者自身が、不安や失望、寂しさや惨めさ、
怒りを感じている中で、言葉だけでなく、
態度や接し方などでも子どもに与えてしまうそうです。

このような親の態度は子どもの安心や自由、
自信を奪い、生き辛くさせ、
SOSとして問題行動を起こしたり、
うつ病などの心身症を発したりしてしまいます。

■禁止令の基本的リスト
-Robert Goulding & Mary Goulding-

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

家族の危機『機能不全家族』とは

子どもの心が健全に発達するには、
家庭が子どもにとって
リラックスできる場所であり、
心の安全基地であることが大切です。

これらが機能しない家庭は
"アダルトチルドレン(AC)"を世に出す
と言われています。

■アダルトチルドレン(AC)とは


続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

子どもへの肯定的な働きかけ

人が生きていく上で欠かせないものの
ひとつが心の栄養です。

交流分析では、”その人の存在を認めるための働きかけ”を
ストロークといい、これには肯定的と否定的の2種類があります。

●肯定的ストロークは与えられると嬉しくなり、
心の栄養が溜まっていきます。

●否定的ストロークは、与えられるとイヤな気持ちになり、
ストレスが溜まっていきます。

それでは、具体的な例を挙げてみます。

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

まずコレ!~アダルトチルドレンの対処法~

機能不全家族で育つと、本当に子育てには苦労しますよね。

自分が子どもの頃の親の関わりは参考にできませんし、
不適切な関わりは経験として知っているけれど、
ではどうすればいいのかの適切なスキルは知らない中での
子育てですから、本当に右も左もわからない状態ですよね。

それでも、機能不全家族で育ったことを否認せず、
親と同じことを繰り返したくない、
子どもに同じ思いをさせたくないと、
自分に向き合うお母さんは本当にスゴい!と思います。

続きを読む

テーマ: AC(アダルトチルドレン)
ジャンル: 心と身体

なぜだ?!

毎日、子どもが虐待されているニュースばかりです。

そして→親が逮捕。



こんなに子どもが暴力を受け、

命を奪われているのに

なぜ子どもを叩いてはいけない法律ができないのでしょう?

条例でもいいから作って欲しいです。




そして、子どもが産まれる前からや、産まれてから、

親が子どもを育てる上で、認識しておく必要がある知識を

持っておくようなシステムを作った方がいいですよね。



車の免許を取得するときのように

してはいけないことは知っておかないと

大切な命が簡単に奪われてしまいます。



叩いたり殴ってしまうのは大人側のSOSなので、

大人が助けてもらえないと、

どんどん子どもは暴力を受けてしまうことになります。



困っている大人がたくさんいるので

大人が助けを求め、子どもの命を守れるように

一人一人の働きかけで

親が救われ、

少しでも虐待される子どもが減るようにと願っています。

ある母娘の会話

2,3日前、とある場所で耳にした母娘の会話...

娘さんは5歳くらい。

母『あと1週間ぐらい休み欲しいわ・・・』

娘『なんで?』

続きを読む

テーマ: ママのひとりごと。
ジャンル: 育児

理想の子どもは‘幻の子ども’

教育ジャーナリストの青木 悦さんの講演を聴かせてもらいました。

こちらもぜひ読んで下さい。
     ↓↓↓
青木 悦さんのことを書いている記事(1)
(2)
(3)


今日お聞きした講演のタイトルは

「本音が言えない子どもたち ~子どもの心に寄り添って~』

だったのですが、

私もいつも思っていることと同じだったので共感できる心に残るお話でした。


印象に残ったのは、

続きを読む

テーマ: 子育てについて
ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。